点呼窓口からの風景

点呼窓口からの風景  【添乗員式メソッド編】

今日も今日とて添乗研修です!

今日境交通でデビューするのは、20年前に1年ほど経験のある70年代生まれの方!

以前勤めていた時は手書き日報だったとのことですので、研修中はずっと時代の流れを感じていたようです。

雨の中のスタートとなりました。

管理者「添乗員式メソッドでバリバリお客様を見つけらられるはずですよ!」

添乗員「・・・・・。」

メソッドがあるのかないのか、あっても極秘なのか、ないふりをしているのか、もともとないのか・・・・

いずれにしても雨の日は高い営収を望めますが危険もたくさんあるので気をつけて行ってください!

ちなみに私はメソッドを教わりましたよ!

点呼窓口からの風景  【オバケで残業編】

・・・・実は、我々運行管理者は土日は半ドンです。

でも今日は残業でこの時間に・・・・・

なぜ残業なのかと言いますと・・・・

GPSデータを地名に変換できません。自動日報がおかしなことに。手で書き換えました。長野県茅野市に。

茅野って!

伊豆修善寺以来久しぶりのロングでした。

10万近く売り上げたドライバーもトップに立てません!

皆さんお疲れさまでした。オレもお疲れさまでした。何にもないうちに帰ります。

点呼窓口からの風景  【適応力を・・・!編】

依然としてコロナは収まらないようですが、タクシーの売り上げは戻ってきており4月・5月の売り上げは例年より上になっているほど。

今後の期待していきたいところですが、何があっても対応できるよう会社より皆さんにプレゼント。

畑で取れた大根。

大根○●という例えにはあまりいい言葉はないのですが、花言葉は「適応力」です。

これでもう無敵・・・・のはず・・・・!

今日も頑張っていきましょう!