点呼窓口からの風景

点呼窓口からの風景  【瞬間レコード編】

先日よりお伝えしている通り、境交通の点呼は通常通りの集合点呼に戻りました。
これもまたお伝えしている通り、皆さんいつもより早く出てきていて賑やかな雰囲気が戻りつつあります。

昨日は雨・雪だったこともあり、仕事の方も忙しく・・・・平均はだいぶ上がってきましたし、今年のレコードが出ました。久しぶりに出た、税抜き10万越え!

お見事ですね。

地元・武蔵境組でも久しぶりに6万越えが出ました。

先日お伝えした新人さんもよく頑張ってくれている上引きもよく、既にみんなと同じくらいの営収になっています。

今後もだいぶ期待が持てそうです。
感染対策を万全にして、さらに明るい毎日になるといいですね!

点呼窓口からの風景  【今日から通常通り編】

まん延防止等重点措置が明けました。

境交通では本日より期間中行っていなかった集合点呼を再開させています。

懐かしい光景・・・・

いつもより多いような・・・いつもこの時間にいない人までいますね。

早いですね!と声を掛けると、

「最初が肝心!」

だそうです。素晴らしい心がけですね!

集合点呼を中止していたころは、ドライバーさん同士出庫前にあまり顔を合わすこともなかったためか、今日は全体的に明るい雰囲気です。

皆さんいつもより早く出勤、そしていつもより早く出庫して行きました!

雨も降っていて仕事も忙しそうですし、今日も頑張って来てください!

点呼窓口からの風景  【久しぶりにウハウハ編】

一日雨となったまん延防止期間最後の金曜日。

帰庫後の点呼場は久しぶりに明るく・・・・・それもそのはず。

久しぶりに平均で5万円を超えました。

隔日勤務はもちろん、昼日勤の方も夜日勤も皆ご機嫌麗しく・・・・

いつまでもこんな日が続いてくれるといいのですが・・・・・。

コロナが流行し始めてから、タクシー業界も打撃を受けて多くの会社が倒産したり身売りしたりしています。存続はしていてもドライバー・管理者共々士気が上がらず荒んだ空気になっている会社も多いと聞きます。

そんな中でも境交通は従業員の士気も高く、皆笑顔で出庫出来ています。

コロナ禍の中入ってきてくれた新人さんもいつの間にやらベテランより稼いでくるようになり、頼もしい存在になってきました。

もう少しの辛抱・・・・と思いつつも長引くコロナ禍の中、タクシンーの売り上げが上がってくると再びコロナの波がやってくることも皆知っています。

ですので・・・・

いつまでもこんな日が続いてくれることを祈りつつ、感染予防に努めていきましょう!

点呼窓口からの風景  【ワシが育てた編】

境交通には畑があり、有志・生産者さんが暇を見つけて一生懸命野菜を育てており、皆さんにお配りしております。

今回は生産者さんがほうれん草と水菜をたっぷり収穫して来てくれました。

安全・安心の野菜ですので生産者さんの顔がしっかりわかる仕様です。

「私が育てました」と言わんばかりの笑顔で写真に写る生産者さん。根本専務生産者さん、収穫お疲れさまでした。

明日の朝には全てなくなっているでしょう。お持ち帰りはお早めに。

点呼窓口からの風景  【コロナ禍の新人さん編】

なかなかコロナ禍から脱出できないこの業界ですが・・・・・。

境交通ではまだまだ皆さんの士気も高く、新人さんも入って定着しています。

本日添乗予定の新人さんは黄色い「研修中」の腕章をしている方ではなく、真ん中の彼。

タクシー初挑戦。前職は鉄筋職人さんでした。

実は彼、最初の添乗がうまくいかなかったため2度目の添乗研修になります。
新人さんを紹介すると優しい言葉をかけてくれる先輩が多いのが境交通のいいところですが、今回声を掛けてくれているのも新人さん・・・とは言ってももう1年以上経つので新人さんでもないのですけど(腕章がないと心配だそうです)。

実は、添乗は普通1度です。2度行うことは珍しく今日の彼も珍しい方に入るのですが、声を掛けてくれているオールドルーキーさんは3度も添乗研修をやっていたりします。うほ!今じゃすっかり昔話ですが。

まぁそんなこんなで、この彼も無事添乗を終了。

昨日初めて一人で走り、無事平均以上を売り上げてきました!

取り合えずホっとしていることでしょう。

都内の地理にまだ不安があるため、しばらく地元を中心に営業する予定です。地元の皆さん、よろしくお願いします。

境交通ではいろいろな乗務員がしっかり定着していますので、悩んでいる方もぜひチャンレンジして下さい!

点呼窓口からの風景  【たまには競争も・・・編】

別に点呼場の汚い壁を写したいわけではなく・・・・・

好評を頂いております配車アプリ「S.RIDE」ですが、境交通はチェッカーグループ内で応答率トップ3内につけております。
もともと無線慣れしていない乗務員さんも多かったのですが、「アプリ配車を積極的に活用していこう!」という意識会改革の下ジリジリと応答数を伸ばしてきました・・・・賞金というニンジンをぶら下げながら!!

実は今年「S.RIDEチャレンジキャンペーン」と銘打った表彰・賞金付きキャンペーンを行っています。
10人程度を1グループとして、グループ別に応答数を競うキャンペーンです。

賞金もかなりの金額を出していますが、結果はなかなかよく「今まで応答したことがない」乗務員さんも取るようになってくれましたし、アプリ配車の活用方法をみんなで話し合うようにもなってくれました。

というところで・・・・・

年末に向けて、キャンペーン第二弾。今回は完全個人戦で応答数・応答率を競いますよ!

マイペースな方が多い境交通ですが、たまにはこんな競争もいいと思います。賞金も出ますし。

「コイツより上に行ってやろう」なんてのも大いにけっこう。賞金も出ますからね。

「俺は一番しか眼中にない」そんなストイックな方も歓迎します。賞金も出るので。

年末に向け、より一層S.RIDEを活用して頑張っていきましょう!賞金も出しますから。

点呼窓口からの風景  【クリスマスプレゼント編】

クリスマス気分はまだ早い。そんな意見もわかります。

わかりますけど、今年も!!乗務員さんにクリスマスケーキ(1ホール)をプレゼントします!昨年に引き続き、希望者のみとなっておりますのでご希望の方は(と言っても殆どの方が希望します)お早めにお申し込みください!

毎年この時期になると「今年もケーキのプレゼントはあるかな?」とやきもきする乗務員さんもいますが、ちゃんと毎年プレゼントしますよ!

配布日の決定は今後になってしまいますが、境交通からのクリスマスプレゼントを楽しみにお待ちください!

点呼窓口からの風景  【年の差なんて!編】

いつもの風景。

じゃれあっているのは・・・・20代の若者と60代の若者ではない御仁。

出庫前にいつもじゃれあい、最終的には「今日も(そこそこ)頑張りましょう」という話で散会しているようです。

普通の会社ではじゃれ合う年齢ではありませんが・・・・
境交通では日常的な光景です。

若者の方は求人ページのインタービューでも「対等な立場で話してくれるので上下関係のようなものを感じることはない」と語っていますが、別に私が回答を強要したわけではありません(インタビューには立ち合いましたが)。

私は境交通以外のタクシー会社を知らないので他のタクシー会社はどうだか知りませんが、境交通では人間関係もだいたいこんな感じです。

コロナコロナで大変な時期ですが、ドライバーさんは日々お互いに励まし合いながら頑張って過ごしています!

今日も営業頑張ってきてください!

点呼窓口からの風景  【58歳新人・真夏の大冒険編】

オリンピックもたけなわですね。

「13歳、真夏の大冒険!」がトレンド入りしましたが、真夏に大冒険するのは何も13歳の少女だけではありません。

58歳だって、冒険の旅路に出ます。本日添乗研修です。

運転席に新人さん、助手席に添乗ドライバーさん。二人でお話中。

なにを話していたの?って聞いたら「ラスカルの話をしていました」だって(ウソ)。

新人さんは未経験。九州から出てきました。地理に不安があるようですが、本日添乗を担当するベテラン乗務員さんも福島から上京してタクシードライバーになった方です。

なにげに私の添乗も担当して下さいまして、「自分がタクシードライバーになったときはまだナビがなく、仕事が終わってから会社に帰るまでが毎回大冒険だった」ということを語っていました。

添乗を担当してくれるドライバーさんもそうですが、21歳の時に広島から出てきた新人さんもいますし、青森から出てきた新人さんだっています。みんな冒険をしてドライバーになりました。

今日添乗デビューの新人さんは、明後日乗務デビュー。

不安なことばかりかも知れませんが、冒険と思って頑張ってきてください!!

点呼窓口からの風景  【ブスリと一発編】

「接種券が来ない!!」「職域接種が出来なくなった!!」などコロナワクチンを接種したくても出来ないと不安な昨今ですが・・・・・。

関係各所の努力があり、三鷹市内のバス・タクシーのドライバーがワクチンを接種出来ることになりました。
唐突に決まりましたので、決まってから接種者リストを提出するまでたったの3日間という日程でしたが、境交通もどうにか接種希望者のリストを提出することが出来ました。来週初めから1回目の接種が始まります。

乗務員さんへのアナウンスも突然で、締め切りも今日明日中、なんて感じでしたので中には心の準備が出来ていないような方もいらっしゃいましたが基本的にほぼすべての乗務員さんが接種することになっています。

ワクチンどころか注射が怖いなんて乗務員さんも実はいたりしますが、とりあえず一安心。

一日でも早くコロナが収束するよう、日報とにらめっこしながらお祈りしております。