ニュース

健康管理に力を入れています。!

helthy

①禁煙促進への取り組み《禁煙外来費用・半額会社負担》

我が国の成人全体の喫煙者率は年々減少傾向ですが、今現在の当社の喫煙者率と照らし合わせると、丁度10年前の全体平均と同等という話を集合教育の中で紹介したことが有ります。

タバコは嗜好品として法律的には認められていますが、喫煙者に対するイメージは特に若年層を中心に悪く、又、喫煙できる環境も年々厳しくなっています。

何よりも、肺や呼吸器系のみならず消化器系、更には血流悪化の影響等を考えると、様々な健康への悪影響が心配されます。

そこで境交通では、【いつかはタバコをやめたい】 【やめるきっかけがあったら挑戦してみたい】という従業員の為に《禁煙外来費用の半額を会社負担とする》ことを決定しました。過去に禁煙外来で禁煙に挑戦して、成功しなかった方もいます。禁煙の難しさは十分に理解しています。そこで、この半額負担の適用は回数制限を設けません。失敗しても何度でも再チャレンジが出来ます。タバコをやめる自信が全くない人も是非これをきっかけにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

②インフルエンザ予防接種費用・半額会社負担

インフルエンザの流行を前に、国や自治体など行政でも特に《高齢の方は早目の予防接種を推奨》しています。自治体が費用の一部負担をしている場合が多い(負担の割合は市区町村によって異なります)ですが、【やっておいたほうが良いことは判っていても、罹るかどうかも分からないし】 【もう少し安価ならやっておこうかな】という声に答え。会社へ医療機関の領収書(写し可)を提出していただくと、半額を会社が負担します。

405b1ebeb6c8cee5362046ed80cdae97

【健康】については、これからも様々な取り組みを考えています。これらを継続していき。《境交通に勤めていてよかった。》と思えるような会社を目指していきます。

車載データのビッグデータを活用した新サービスの実証実験②

  境交通㈱とNTT未来ねっと研究所は、乗客サービスの向上、ドライバーへの安全運転サポートなどの新たなサービス提供、また、安心安全な街づくりを目指した実証実験を行っています。 本実証実験では、タクシーに搭載されるドライブレコーダやセンサーから走行画像や車両データを収集し、ヒヤリハット情報の収集や道路情報の解析を行います。 当社は、個人情報保護のため、取得した情報を、個人を特定できない情報に加工し、解析を行います。 本トライアルの活動から得られる統計的な分析結果等について、研究報告、各種学会、カンファレンス等での展示・発表のために利用します。  

トヨタ次世代タクシー☆本格始動!

                                        先月23日に出発式に参加し、その後モーターショー等の各種イベントに参加した次世代タクシーですが、今週より通常のタクシー営業を開始致しました。本格営業開始に先立ち、販売店である東京トヨペット様より講師をお招きし、講習会を開催しました。講習会には今後の導入時に担当乗務する予定の選りすぐりのドライバー20数名も参加し、運転操作や点検項目、安全装置の説明、スロープの実演など受講しました。 当社では年内にも2台目、3台目。その後もこの車両を中心に積極導入していく予定です。数年後には多くのタクシーがこの車両になるかも知れませんね。  

集会場の耐震工事及び内装リフォームが完了しました。

若干の老朽化がみられた集会場及び隣接する仮眠所・ロッカールームの耐震工事及び内装のリフォーム工事を7月末~今月18日の間にて施工し、完成しました。乗務員の皆さんが、末永く【安心】【快適】に使っていただけるように、耐震も内装も妥協の無いプランで施工しました。工事期間中は長らくご不便をお掛けした点もあったかと思いますが、リフレッシュして明るくなり、皆さんが喜んでくれている姿が見られて本当に良かったと思います。  

車載データのビッグデータを活用した新サービスの実証実験開始

☆車載データのビッグデータを活用し、新たなサービス提供のための技術開発を行います☆ 境交通㈱とNTT未来ねっと研究所は、乗客サービスの向上、ドライバーへの安全運転サポートなどの新たなサービス提供、また、安心安全な街づくりを目指した実証実験を行います。 本実証実験では、タクシーに搭載されるドライブレコーダーやセンサーから、走行画像や車両データを収集し、ヒヤリハット情報の収集や道路の路面情報の解析と、画像データのネットワークへの負荷検証を行います。 当社は、個人情報保護のため、取得した情報を、個人を特定できない情報に加工し、解析を行います。 本トライアルの活動から得られる統計的な分析結果等について、研究報告、各種学会、カンファレンス等での展示・発表のために利用します。  

タクシー業界合同企業説明会2017

7月29日(土)開催の合同企業説明会に出展します。   ご来場をお待ちしております。

NOTE e-power営業開始

車体色をチェッカー・カラーに塗装し、タクシー車両として本日6月2日より営業を開始しました。    

「ドライブレコーダー運用規定」のページを更新しました。

境交通では、事故防止対策及びサービス向上の目的でドライブレコーダーを設置し運用しております。 チェッカーグループ「ドライブカメラ運用規定」及び境交通「車内防犯カメラ運用管理基準」に基づき厳重に管理・取扱いを行います。くわしくは、こちらをご覧下さい。  

東タク協・武三支部 三鷹市と協定締結

東京交通新聞掲載(平成29年5月1日)

 東京ハイヤー・タクシー協会 武三支部(支部長=根本克己・境交通社長)は高齢者の見守りと災害時の緊急輸送の協力に関し、三鷹市と協定を結んだ。4月25日、同市役所で締結式があり、根本支部長と清原慶子市長が同協定書を取り交わした。   市に情報提供 見守りは、約2,500人の乗務員が営業中に地域の高齢者らの異変や生活の支障に気づいたとき、市に情報提供する。(見守りネットワーク事業) 緊急輸送の協力では、地震など大規模災害が発生した際、市からの要請を受け、傷病者の搬送や物資輸送、道路被害の状況の報告などをする。   地域貢献に 根本支部長は、「賛助会員を含めると16社1,200台が支部所属として動いている。タクシーは日ごろ公共の道路を使わせてもらっている。輸送だけでなく、少しでも地元の皆さんに貢献できる取組をしたい」と話した。 清原市長は、「こんなに心強いことはない。公共交通機関としての役割をさらに『見守り、災害時の緊急輸送にも』と思ってくれた気持ちを最大限尊重し日ごろから連携を持って、いざというときの協働を進めたい」と期待した。   締結式には、業界から本州自動車の藤原廣彦社長(東タク協副会長)、和親交通の仁杉元彦社長(武三副支部長)ら地元の13人が出席。意見交換で清原市長は「浸透するには時間がかかると思う。まずは三鷹で営業している乗務員の方々に伝えて」、内田治副市長は「認知症の高齢者も意識してほしい」と求めた。

アウトレット観光タクシーが始まります!

ご家族や仲の良いお友達で、お買い物やお食事をアウトレットで思いっきり楽しんでみませんか?横浜ベイサイド・佐野・木更津など人気のアウトレットへご案内する【アウトレット観光タクシー】が新しいメニューに加わります。到着・観光など凡そのタイムスケジュールとガイド利用の有無などお気軽にご相談ください。 安心・快適な観光タクシー有資格乗務員がエスコートします。 行き帰りの移動の煩わしさは、タクシーにお任せください。